UXデザイナー未経験者必見!働く会社の規模によって違うUXデザイナーの働き方を徹底解説

UXデザイナー未経験者必見!働く会社の規模によって違うUXデザイナーの働き方を徹底解説 Design

これまでの記事で、ユーザーエクスペリエンスがなぜ重要なのか、UXデザイナーの仕事内容、UXデザイナーが所属するチームについて紹介してきました。

UXデザイナーは働く会社の規模やその会社の事業が現在どのようなフェーズであるかによって仕事内容が大きく異なります。

と言うわけで、ここからはUXデザイナーとして働くことができる会社の種類と、会社の規模や業界によって仕事内容がどのように異なるかを紹介しましょう。

スポンサーリンク

スタートアップや中小企業のUXデザイナーとして働く

例えば、皆さんがスタートアップや中小企業に採用されたとしましょう。

ちなみにスタートアップとは、ユニークな製品やサービスを開発して市場に投入しようとする新しいビジネスを行なっている会社を指します。

本来スタートアップは一般的に予算が少なく、従業員も少ないため、一人一人が様々な仕事をこなし、迅速に行動しなければなりません。

スタートアップなどの中小企業でUXデザイナーをする場合、ゼネラリストになることが多いでしょう。
社員数の少ない企業のデザイナーは、ビジネスの様々な部分に関わります。

例えばインタラクションデザインとビジュアルデザインの両方を担当したり、ユーザーリサーチを行ったり、マーケティングを手伝ったりすることもあります。

こう言うと、やることがいっぱいで大変そうだなーとおもうかもしれませんが、やりたいことがたくさんあるというのは良いことですよ。(笑)

以前、大企業に勤めていたときに、ライフワークバランスはよかったですが、決まりきった仕事とやることも限られていて、まだ若くスキルアップを目指したかった自分にとっては苦痛でした。

さて、話がそれましたが、スタートアップや中小企業での仕事は、ストレスがたまることもありますが、非常にやりがいがあります。

すぐに学ぶことができるので、キャリアをスタートさせるには最適な方法だと思います。

フリーランスとしてUXデザインを行う働き方

また、多くのUXデザイナーが始めている仕事に、フリーランスがあります。

フリーランスとは、自分で仕事をしながら、企業に自分のサービスを売り込んで顧客を見つける仕事です。

フリーランスでは、自分の興味のあるプロジェクトを選び、自分でスケジュールを組み、さまざまなブランドと仕事をすることができます。

広告代理店のUXデザイナー

UXデザイナーのもう一つの一般的な仕事場は、広告代理店です。

広告代理店は、マーケティングキャンペーンを構築するためにクライアントに雇われたクリエイターのチームのことを指しまが、一つ例をあげると、飲料メーカーが新しいソーダのキャンペーンを作るために広告代理店にお願いをします。

UXデザイナーは、そのキャンペーンで使用するデジタル製品のワイヤーフレームやデザインを担当することになります。
また、グラフィックデザインやライティングなど、通常のUXデザイン以外の仕事をすることもあります。

広告代理店での仕事は、さまざまなブランドと仕事ができるという点でフリーランスに似ていますが、自営業ではなく代理店に雇用され、チームの一員として働くことになります。なので、フリーランスよりも時間の拘束はありますが、安定した生活を送ることができます。

デザインエージェンシーとデザインスタジオ

デザインエージェンシーやデザインスタジオも仕事の選択肢のひとつです。

デザインエージェンシーは、ブランド、製品、サービスの外観をワンストップで提供します。
デザインとブランディングに特化しているため、広告代理店よりも専門性が高いのが特徴です。

デザイン・エージェンシーで働く平均的な一日は、スタートアップ企業で働くのと似ています。

ここでは、たいていジェネラリストとして働き、そのプロジェクトにおける唯一のデザイナーとなります。

様々な業界に触れ、ユニークな問題を解決していくことになります。
しかし、デザインエージェンシーは複数のクライアントと仕事をするため、1つのプロジェクトを最初から最後まで担当することはありません。

デザインエージェンシーのUXデザイナーは、定期的にチーム間を移動し、製品開発のさまざまな段階に携わります。

大企業で働くUXデザイナー

最後に、大企業でUXデザイナーとして働くこともできます。
大企業には何千人もの社員がいて、たくさんの異なるプロジェクトに取り組んでいます。
UXデザイナーは通常、自分の仕事に特化し、1つのプロジェクトに最初から最後まで集中して取り組みます。

大企業で働くことは、UXデザインの中の専門分野を学ぶのに最適な方法です。しかも、他の専門家から学ぶこともできます。
ただ、その代償として、自分の特定の役割以外のスキルを得るための選択肢が少なくなる可能性があるので、専門性を高めたいという気持ちが重要ですね。

まとめ

いかがでしたか?

UXデザイナーのキャリアの伸ばし方や、働き方も会社の規模や職種によって役割が大きく異なることがわかりました。

結構世にある参考書はこの辺についてあまり触れていないんですよね、なのでせっかくUXに関して書籍で学んでも行かせない人が大半かと思います。

さて、世の中にはどんな企業があるのかを知った上で、あなたはどのようなタイプの企業で働くかイメージがつけば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました