在宅ワークでも、やる気と集中力を高めるたった一つの方法

Design

こんにちは、前回集中力を高める方法について記事を書きましたが、思った以上に反響が良かったので、本日は集中力を高めるためのやる気の維持についてお話ししたいと思います。

なお、前回の記事についてはこちらをご覧ください。

スポンサーリンク

やる気と集中力はどちらも重要な一体要素


やる気と集中力はどちらも重要な要素であり、どちらか一方があればなんとかなるというものではありません。やる気が無ければ、集中力がいくらあってもゴールが見えないので長く続けることはできませんし、集中力が無ければいくらやる気があっても作業に取り掛かることができないのです。

やる気を高めるためには短期的なゴール設定でも成果が大きい


やる気を高めるためには短期的なゴールが有効的です。これは例えば、10分で問題集を終わらせるとか、ご飯を15分以内に食べ終わるとか理由として、短期的なゴールは成果がわかりやすいのがあると思います。結構長期的なゴールを考えるのが大切で、それはそれでそうなんですが、中には長期的なゴールなんてない人も多いと思いますし、そもそも将来を決めるのって結構重い作業なんですよね
また、日々のルーチンワークに長期的な目標を念頭に入れて作業することもありません。よくやる作業は短期目標を設定すべきなのです

在宅ワークをやっている人だけができるやる気と集中力を高めるたった一つの方法


本日の本題となりました、やる気と集中力を高める方法とのことですが、在宅ワークをやってい方限定です。会社に出社していても問題はないですが、やはり在宅ワークの方が良いかと思います。その方法とは、

サボることです。

いきなり「何を言っているんだ!」、という話かもしれませんが、
まあまあ。最後まで読んでください。
そもそも、今のあなたは集中力がないから毎日遅くまで仕事をしたり別のことをしてしまっているのではないでしょうか?また、遅くまで仕事をする、仕事が予定通りに終わらないのも慣れてしまっているのではないですか?
仕事は結局は成果を出すことが一番大事なのです。つまり成果さえ出してしまえばいつ終わろうが、そのあと何をすれば良いかなんてどうだって良いのです。もし、昨日あなたが全ての仕事を終わらすのに9時間かかったとしましょう。そしたら、それを3時間くらいで終わらすことを心がけるのです。そしたら残り6時間は何をやっても構いません。在宅勤務ならば、パソコンを付けっ放しにして何処かに行きましょう。突然のメッセージとかが入ってもネットワークが悪いといえば良いのです。仕事が終わり成果を出せばなんでも良いのです。これが今あなたに置かれた、短期的なゴールです。

もう一度繰り返します。


仕事を3時間で繰り上げる。


これがあなたの短期的なゴールです。報酬は余った時間です。無茶だという人がいますが、そもそも、在宅勤務で移動時間か減りました。朝食を食べながら仕事をしても文句を言う人がおりません。
どうしても難しいならば、一旦8時間でやってみて、次は7時間と徐々に減らしてゆきましょう。

まとめ


やる気と集中力を上げるためには
短期ゴールを決める仕事を3時間で終わらす。そして余暇を楽しむ。
本日も見ていただきありがとうございます。このブログでは、自分の過去の体験をもとにどうすればデザインのスキルアップができるのか手助けになるための情報を発信したいと思います。もしよければ、ブログのフォロー、またはシェアーお願いします。何かあれば、コメントいただければと思います。それでは、良い一日を!

タイトルとURLをコピーしました