UXデザイナーとは?UXデザイナー未経験の人に知ってもらいたい。UXデザイナーの仕事内容

未分類

ここまで、さまざまなタイプのUXデザイナーを紹介してきました。

この記事では、UXデザイナーが行う仕事内容について、より深く理解して行きましょう。

まずは、初心者レベルのUXデザイナーの典型的な仕事をいくつか挙げてみましょう。

スポンサーリンク

UXデザイナー初心者がやるべきUXデザイナーの仕事

初心者レベルのUXデザイナーに重要な仕事は、リサーチ、ワイヤーフレーム、プロトタイピング、情報アーキテクチャの作成、そして会社の人との円滑なコミュニケーションです。

初心者レベルのUXデザイナーは、基本を学ぶために多くのタスクをこなすことでキャリアをスタートさせます。

UXリサーチ

UXデザイナー未経験者が体験すべき仕事それはUXリサーチです。

UXデザイナーはリサーチによってユーザーを理解し、その背景、年齢や居住地などの属性、プロダクトに対するモチベーション、弱点、感情、ユーザーの人生の目的などについて学びます。

UXデザイナーは、製品のデザインをより良くするために、できるだけ多くのことを発見しなければなりません。

ワイヤーフレームの作成

新人デザイナーが取り組まなければならない役割として、ワイヤーフレームの作成です。

ワイヤーフレームとは、製品や画面の概要やスケッチのことです。

ページがどのように配置されているか、製品の各部分が他の部分とどのように組み合わされているか、ユーザーがどのように製品を操作するかなどをデザイナーが把握するのに役立ちます。

ワイヤーフレームは、デザイナーが新しい製品や機能を作る際に最初に行う作業のひとつです。
リサーチの後、あるいはリサーチと同時に行われます。

ワイヤーフレームを作成するには、紙に描く方法と、コンピューターでデジタルに描く方法があります。
例えば以下のようなワイヤーフレームを書いたとします。

The 9 Best Free Wireframe Tools For UX/UI Designers [2021]


基本的な図面に過ぎないですが、どこに何があるかはわかりますよね。ボタンとかテキストボックスとか

これらのワイヤーフレームは、ページの基本構造を示し、主要なステークホルダー(最終製品にビジネス上の利害関係を持つ人々)の支持を得るためにデザインされたものです。

ここで大事なのはステークスホルダーから同意を得るのに最小限の図面を作ることなのです。

なので、時として手書きでも良いですし、きちんと図面を引いたものを出す場合もあります。

プロトタイプの作成

次にプロトタイプです。

プロトタイプとは、機能性を示す製品の初期モデルのことで、ワイヤーフレームに似ていますが、もっと高度なものです。

ワイヤーフレームが、どこに何があるのか、製品がどのように機能するのかを大まかに示すのに対し、プロトタイプは、1つの画面から次の画面への進行を示すものです。
プロトタイプは、紙に描いたり、物理的なプロトタイプを作成したり、デジタルプロトタイプを構築する方法などがあります。
例えば、以下の画像はFigmaで作られたプロトタイプで、ボタンやリストをクリックするとどこへ飛ぶのかよくわかると思います。

Coffee & Donuts Ordering UI Design/Prototype in Figma - Speed Design -  YouTube


ワイヤーフレームやプロトタイプの目的は、製品の最適なデザインを安価かつ迅速に把握することにあります。
また、初心者レベルのUXデザイナーのもう一つの仕事として、情報設計の作成があります。情報設計とは、ウェブサイトのフレームワーク、つまりどのように分類され、構成されているかを示すものです。

例えば、ワードのようなワープロソフトでは、「ファイル」メニューをクリックすると、「新規作成」や「印刷」といった特定のオプションがドロップダウンメニューに表示されますよね。

また、企業のホームページをクリックすると、「会社概要」のページへのリンクが表示されますよね。
このようなWEBデザインで情報をどのように格納し、どういうふうに整理するかを考えることを情報設計と言います。

まとめ

最後に、初心者レベルのUXデザインの仕事は、多くの仕事と同様に、同僚との会議、メールの作成、提案書の作成、クライアントへの提案など、多くのコミュニケーションを必要とします。

つまり、初心者レベルのUXデザイナーは、リサーチ、ワイヤーフレーム、プロトタイプ、情報設計の作成、そして効果的なコミュニケーションの方法を知っている必要があるんですね。

具体的な仕事内容は、勤務先や特定の仕事にどれだけの専門性が求められるかによって異なります。

次回の記事では、ジェネラリストとスペシャリストの違いと、それがキャリアの選択肢に与える影響について書きたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました